紅葉

京都じゃありません。
逗子です。
うちの裏のモミジです。
今年は紅葉が遅いなあと思っていたら、一気に真っ赤になりました。

このモミジを植えて12~13年になりますが、こんなに鮮やかに赤くなったのは初めてです。
「真っ赤な紅葉が見たいからモミジ植えてください。」というリクエストがよくあるのですが、
「逗子や葉山でそんなに真っ赤にはならないんです。なんとなく曖昧に色づくけど、京都のお寺みたいに真っ赤なモミジの庭はできないんですよね~。」といつも答えています。なのに今年は真っ赤です(^ ^;)。綺麗な紅葉の条件は、・夜間と日中の寒暖差、・よい天気、・適度な湿度。今年はそれが整ったのでしょうか。真っ赤になりましたね、すみません・・・^^

落葉樹は冬に葉を落とすために水分や糖の供給がストップされると、葉緑素が無くなって本来の黄色や赤の葉色が現れる、それが紅葉なんだそうです。詩や歌では紅い衣をまとったように表現しますが、本当は一枚脱いでるんですね・・・