秋の色

雑木の畑に来ています。
アオハダ、トネリコ、シャラ、カエデ、ナツハゼ、ジューンベリー、ツリバナ、アブラチャン・・・みんな美しく色づいて、澄み切った高い秋空の下、金色に輝いています。
その中でとりわけ目を引いたのが、真っ赤な実をぎっしりとつけたガマズミでした。端整で品のある他の落葉樹たちの陰で、地味でちょっと野暮ったいガマズミは、いつもはつい見過ごしてしまうのです。
ところが今日は、早々と冬支度で休眠期に入った林の中で、ガマズミだけが今なお一人力強く、まるで最後の命を使い切るかのように燃え上がっていました。
目立たなかった同級生が美しくなって同窓会に現れたような、驚きとドキドキのまぶしい秋の色でした。