灌水装置

見えますか?黒い細いホース。
花いっぱいのプランターに自動灌水装置を設置しました。

なかなか水遣りができない場所や、留守の多いお宅ではホントに便利ですね~!ホースをめぐらせて、ノズルを設置して、コンピューターの設定をして、予定したとおりの時間にシャーッと水が出る瞬間は、何回やっても愉快です。

ただいつも思うのは、この装置ですっかり安心してしまってはいけないなということです。
植木屋の世界で水遣り何年というかは知らないけれど、水遣りが適切にできるようになるにはそれなりの経験が必要で、植物によって、季節によって、天気によって、様子を見ながら調節するのは、コンピューターにはまだできないですね~
毎日世話をしている植物は、ちょっと見ただけでどのくらいのどがかわいているかなんとなくわかります。いつも顔を見てあげていると不思議と植物は綺麗になります。時間や水量だけではない、「按配」がとても大切で、いつも美しい緑の庭を維持したいのであれば、そんなにらくちんな方法はないんじゃないかということです。

とはいえこのところのお天気続き、いや~ほんとに潅水装置助かります^^