ツルウメモドキ

今年もはや年末、町はすっかりクリスマスカラーとなり、華やいだ雰囲気になっている・・・ようですが、庭屋さんは浮かれている場合ではない季節でして、お正月に向けてお庭の手入れが続きます。
それでもちょっとはクリスマス気分を・・・と、剪定枝の中から拾い出します。Aさんちのツルウメモドキと、Bさんちのキヅタのツルをぐるっと巻いて、Cさんちのヒイラギの葉をくっつけて、「おかげさまリース」^^

ツルウメモドキは、夏場は木にからみついてもしゃもしゃと汚らしく伸び、なんとなくぱっとしない子なんですが、冬は赤い実が美しく、落葉した寂しい林の中でひときわ目を引くスターです。実を食べに鳥がいっぱいやってきて、この時期だけは人気者。

「ツルウメモドキ」って中途半端なネーミングがいけないんだな、「ウィンタースター」とか、「クリスマスルビー」とかだったら人生(木生?)変わるんじゃないかなあ。