ヤマツツジ

昨年植えたヤマツツジ、東京の町中でもやわらかく紅葉して、庭は秋の風情です。山で真っ赤に紅葉するのもいいけれど、こんなぼんやりとした曖昧な色づきもいい感じです。

ツツジといってもいろいんなツツジがありますね〜
多くの人が思い浮かべるのは、道路の中央分離帯とか公園の植えつぶしに植えられているヒラドツツジかもしれません。あるいは日本庭園で刈り込まれているキリシマとかオオムラサキとかでしょうか。

ヤマツツジは名前の通り山野で見られる半落葉のツツジです。春の葉は紅葉して落ちますが、夏後に出た小さな葉がちょぼちょぼと残って冬越しします。常緑のツツジにはない、ちょっとしょぼい季節感があります。初夏に咲く花も、赤とも橙ともピンクともいえない曖昧な独特カラーで、山林のぼんやりとした日差しの中で咲いているのが似合っています。あれ、こう書いてみるとなんだか全体に煮え切らない感じですね〜、そんなヤマツツジが私は好きです。