ドイツトウヒ

 USJハリーポッターワールドにやってきました〜

テーマパークで楽しいのは、やっぱりなんといっても植栽ですね〜。世界のいろんな場所を表現し、そこだけ別世界を作るのに、植栽の力がどれだけ大きいかよくわかります。

このハリポタワールドはいかに、というと、なんとほぼドイツトウヒ一色。どこから集めたのかものすごい本数のトウヒが植えられ、徹底して針葉樹の森を作っています。単にたくさん植え込んだだけではなく、どうやら1本1本の高さや位置が計算し尽くされているようです。

このハグリットの家のまわりもトウヒ・トウヒ・トウヒ、その中をぬってアトラクションの行列が延々と続いています(ーー;)1本1本ワイヤー支柱が施されているのを見て、いやいや大変だったねおつかれさま、なんて並びながら思っている人は他にいないと思いますが(笑)

日が暮れてホグズミード村とホグワーツ城に灯りがともり、ドイツトウヒの森のシルエットが浮かび上がると、んー、確かに別世界なのでした。