春がきた

3月なのに寒すぎるでしょ、と思っていたら、急に春めいてきました。ここは手入れのお手伝いにいつも来ている葉山のマンション、先日凍えながら植えた専用庭の生垣も、寒さがやわらいで一安心です。

冬の間カラカラとした生気のない地面に砂埃が立っていた、裏庭のこの斜面ですが、いつのまにか一面に地苔の明るい緑が輝いて、キョウチクトウやシイの影がやわらかく揺れています。
よく見ると早くも雑草くんたちがポツポツと顔を出しています。

じーっと見ていると、地中に蓄えられたエネルギーが地面からにじみ出てきているような、漫画で描けば、地面からぽわぽわと湯気が上がっていて、「ずんずん」「じわじわ」「もりもり」ってな効果音がつくような、まるでそんな感じ。

見えないところで春はもうとっくに始まっていました。