ツタ

久しぶりに由比ケ浜のお宅に立ち寄ると、壁を上るツタがこんなに立派になっていた。10年前に植えたヘデラ・コルシカ ‘デンタータ・バリエガータ’。

庭はすぐには完成しない、何年もかけて作っていくものだ。それでもなんとか最初から趣を出すためにいろいろな苦労をするわけだが、こればかりは忍耐強く待つしかないなと思う一例である。
がっしりと根を張って自力で這い上がる力強さと、重なり合う葉の重厚な陰影は、一朝一夕ではとうてい作り出すことのできない風格である。

この塀が取り壊されることになった。
新しくできる塀にもう一度這い上がってくれるように、下部は残しておくことにした。
またこの姿になるまでに数年かかりそうだけど、それもひとつの歴史かなと思わせる包容力さえ、このツタは備えていた。