清水垣

今日もまたまた寒〜い中、清水垣製作中。

白く細い晒竹の立子がまっすぐ行儀よく並ぶ様子が気持ちいいです。
低い石垣の上に揃えて切った足元が、行き届いた手仕事を感じさせて気持ちいいです。
このあと銅線で立子をかきつけますが、裏の胴縁を回してはひっぱり、回してはひっぱり、そうしてバラバラの立子がきちんとまとまっていくのが気持ちいいです。
さらに胴縁を当ててクリ針でシュロ縄を通してかけていく、竹の隙間にシュロ縄が効いてキュッと締まっていく感じは、これがまたなんともいえず気持ちいいのです。
最後に玉縁を載せて玉懸け結びで仕上げると、全体がキリッとして、ほんと、竹垣気持ちいい〜♪です。