雪化粧

今日は近年にない大雪になるというので、もうすでにけっこう舞降る中、朝のうちにいろいろ用事をすませて、ショートカットに通った亀が岡神社である。
見上げる御神木の大イチョウの雪化粧をした姿は、それは神秘的で美しく。空気がキーンと澄んでいて、あたりはいつもの雑踏がうそのような静けさだ。山奥の秘境に迷い込んだような、そんな気にさえなってしまう。

なまぬるい温暖地域に油断して暮らしている私のような人間は、たまにこんな寒さに見舞われると、それだけで無意識に自然の驚異を感じてしまうのだろうか、ここはこんなに神聖な場所であったかとおそれいってしまった。雪マジックにかかった数分間であった。