門松

いよいよ年の瀬、今日は門松しつらえのお手伝い。

もともとは松飾りだったものに、青竹を立てるこの型を考えた人は誰だろう。関東式か関西式か、竹の切り方は「寸胴」か「そぎ」か、花を添えるか添えないか、地域や家によって仕様は様々なれど、スパッと切った青竹がキリッと立っているこの清々しさに、毎年感服するのである。

門松が置かれると、日本人なら少なからず背筋の伸びる思いを抱くはずだ。
空気を変え、人々の気持ちを一新する力を持つ様式美である。

来年もよい年でありますように。