ウッドデッキ

雨の合間をぬってウッドデッキ完成。

今や暮らしの定番アイテムともいえる、かくも多くの人が欲しいと思うウッドデッキである。
日差しや木陰や風や、自然の空気を感じながら、しかもごろっとできる安心感。説明するまでもなく、外にあるのに部屋感覚という、ウチソト曖昧な空間ゆえの特別な夢が広がるのだ。

ここは家の中だからだめ、外だからだめ、みたいなものがない、ぽかっとできる場所である。
近寄りやすいし去りやすい、気楽な場所である。
こんな曖昧でフリーな場所が、みんな大好きなのだ。

完全な中、完全な外、では生まれない物語が生まれそうな気がする。。。のかな。