イチジク

そばを歩いただけで、むせそうなほどのイチジクの香。

こんなに香がたちこめるとは、初めて知った。
甘いという一言では表現できない、不思議な気持ちにさせる香。

これはお隣の大きなイチジクの木。
たわわに実をつけた枝をこっちまで広げている。
その下で私は、誘惑するような香に包まれながら芝を貼っている。

葉脈が透き通る大きな葉っぱの陰から、
柔らかいぽってりとした実がのぞいている。
それが気になる。

アダムとイブの大昔からある、妖しい魅力の植物。