クロリス

ボッティチェリの「ビーナスの誕生」に描かれているのはこのバラである。
というので速攻購入してしまったアルバ系オールドローズのクロリス。クロリス(Chloris)はギリシャ神話に出てくるニンフの名で、花の女神フローラに変身したという。

バラというのは全く困ったもので、類まれな容姿と香に加え、それは絶妙なネーミングがされていて、その背景と生い立ちの物語に、すっかり虜にされてしまう。

庭を作るんだったらバラも知らねばと、ベランダ実験場でこっそりと(バラはどうもね~というポーズをとりながら)育て始めたら、いつのまにか鉢が増え、せっせと虫を取り、肥料を与え、本棚にはバラ図鑑だの無農薬バラ栽培だのの本が並び。。。

狭いベランダでギュウギュウパンパンに押し込められたクロリスだけど、今日も香を嗅いでは絵画の世界を思い浮かべてうっとりしているのです。