ガーデンフォト撮影会

JLF(ジャパンランドスケープフォーラム)主催のガーデンフォト撮影会に参加しました。
講師はガーデンフォトグラファーの桜野良充先生。

会場は桜満開の新宿御苑、素晴らしい被写体がいっぱいのはずなのに、なかなか筆がすすまない、いやシャッターがすすまない。。。やはり何を撮りたいのか、自分の思いがあることが前提なのですね。なんとなく撮っても、心が入っていないとちゃんと作品に出ちゃう。それがまず今日の収穫(^-^;)

桜野先生は小柄な体に重いカメラと三脚と、数種類のレンズが入ったカバンを常に携帯し、軽やかに歩き回ります。三脚を出したりたたんだり、レンズを替えたり片づけたり、このフットワークの軽さがいい写真を撮るためには必要だなあと。第2の収穫です。