小田原内野邸

神奈川県には邸園(歴史的建造物)保全活用推進員(ヘリテージマネージャー)の養成講座なるものがあり、昨年受講して晴れてヘリテージマネージャーとなったのですが、活動らしい活動もできないままいたところ、まちづかい塾の小林紘子さんにお声をかけていただき、小田原内野邸の清掃活動に参加しました。
内野邸は明治36年創業の醤油店で、現在は醤油の製造はしていないのですが、その建物の素晴らしいこと。誰も使わなければ傷んでいずれ取り壊されてしまうでしょう。小林さんはその活用法を持ち主の方との話し合いの中で模索していらっしゃるわけです。まずは建物を綺麗にしようということで、たくさんのお仲間たちとほこりだらけの部屋を掃除です。みなお仕事をお持ちでお忙しい中、手伝えるときにすこしづつ協力されています。
内野邸の裏には小田原用水が顔を出しています。小田原用水は戦国時代に北条氏が施設した日本最古の上水道。古くからの歴史の折り重なりが、この界隈にしっとりとした落ち着きを与えています。